視聴するには視聴条件をご確認ください

見放題

難症例に適したデンチャーシステム 患者さんのQOLに貢献 後編

有料会員の方は、ログインして視聴

※この続きは有料会員登録(見放題会員登録)の方のみ閲覧可能です。

有料会員登録する

こんな方におすすめ

●難症例な義歯にお悩みな方
●義歯に審美性を求めている方
●義歯の予後でお悩みな方

この動画は2021年12月21日(火)に行われました
「難症例に適したデンチャーシステム 患者さんのQOLに貢献」での講演映像になります。
そちらのセミナーを前編.中編.後編に分けてお届けいたします。

内容

パーシャルデンチャーにはクラスプは不可欠な存在であるが、
義歯の着脱時に鈎歯に側方への揺さぶる力がかかり、予後に悪影響を与えることになる。
そこで着脱時に鈎歯を揺さぶらないシステムとしてW-Lock Dentureを考案した。
また、日常の臨床で最も多く使われるエーカースクラスプも少し設計を変更することで
鈎歯の負担を軽減できるのがIBA義歯設計である。
回転着脱は鈎歯の傾斜によってはアンダーカットが得られないときに
有効な手段となり得る方法である。
この三点は日常よくある症例に対応できるシステムではあり、
患者さんのQOLに貢献できるものである。
Cr-Brに関しては近年著しい進歩がみられる、そこには新しい概念がある、
義歯にも同じようにあたらしい概念が必要であり臨床例を通じてどのような結果がえられるのかお伝えしたいとおもっています。



コンテンツを視聴する上での賢い三原則

・倍速で再生する
・3回は視聴する
・聞き流してヒアリングする